おすすめはこれ!フェレットが喜ぶおもちゃの紹介

フェレット

近年フェレットをペットで飼っている人が増えてきています。おとなしかったり、やんちゃだったり、懐きにくかったりと様々なフェレットがいる中、あなたは自分のフェレットの特徴を理解し、適切なおもちゃで遊ばせてあげられているでしょうか?

改めてフェレットの動物としての特徴を勉強し、喜ぶおもちゃを与えてあげましょう。

フェレットの特徴は?

正面から見るフェレットフェレットは、イタチ科に属する肉食性の哺乳小動物です。肉食動物なので、噛み癖がつきやすい傾向にありますし、体の大きいフェレットは強さを誇示するために少し凶暴な性格になりがちです。

ただし、性格も種別によって異なり、日本で人気な「マーシャルフェレット」はおとなしめな性格をしていますが、同じぐらいの人気を誇る「パスバレーフェレット」はやはり、やんちゃな性格をしております。

猫と比べて人間と遊びたがる習性もあるため、ペットとして親しまれるようになりました。

フェレットが遊ぶおもちゃ

布の上のフェレット早速フェレットが好むおもちゃを紹介いたします。フェレットは遊ぶことが大好きなのでたくさん遊ぶものがあればその分フェレットも喜んでくれるはずです。

ボール

マーシャル ポップンプレイ専用ボールパック
Marshall
値段
(5.0)
口コミ
(3.0)
運動量
(5.0)
総合評価
(4.5)
代表的なのがボールです。フェレットは好奇心旺盛なので、動くものはすぐに追っかけて行く習性があり、特にボールは好んで遊ぶ傾向にあります。追っかけて遊ぶだけではなく、口にくわえて持ち運びしたりもするので遊び方は多岐にわたります。

ねこじゃらし

値段
(5.0)
口コミ
(4.0)
運動量
(3.0)
総合評価
(4.0)
猫じゃらしのようなおもちゃもフェレットは好みます。猫じゃらしというより「紐じゃらし」や「紐の先に人形を結んだおもちゃ」をフェレットの前で動かしてあげると、ボール同様動くものにフェレットの好奇心がくすぐられ、興味を持つという形です。

トンネル

値段
(4.0)
口コミ
(5.0)
運動量
(4.0)
総合評価
(4.5)
フェレットは狭いところに入ったり潜ったりするのが大好きな動物です。フェレットは運動が大好きで活発的なことは有名なため、フェレットを飼うと同時にトンネルのおもちゃも購入する人も多いのではないでしょうか。また、自分が疲れている時にトンネルのおもちゃがあればフェレットは1人で遊んでくれるので、1つだけでもあれば便利です。

フェレットと遊ぶ際の注意点

2匹のフェレット様々なおもちゃを紹介しましたが、注意すべきこともあります。それは誤飲です。何度か記載した通りフェレットは好奇心旺盛が故に落ちているものを口に入れてしまったり、遊んでいたボールやぬいぐるみを噛みちぎって飲んでしまったりすることがあります。部屋の掃除や買い与えるおもちゃの素材や大きさには細心の注意を払いましょう。

飲み込んで消化できるものであればまだ良いのですが、消化できずにお腹の中に溜まってしまうと最悪手術することになってしまいます。

また、フェレットと遊ぶ時の戸締りには気を使いましょう。窓から脱走してしまうケースも多々あるためケージから出して遊ぶ際には入念に確認しましょう。ケージから出して遊ぶ際には貴重品や大事なものを手の届かないところに置いておくことも重要です。フェレットは様々なものに興味を示すため、口にくわえて物を違う場所に運ばれたり、壊されたりしてしまうこともあります。

フェレットと思い切り遊ぶために環境を整えてあげることも飼い主の役目です。

おもちゃがもたらすメリット

フェレットにおもちゃを買い与えることによって様々なメリットがあります。メリットをしっかりと把握し、自分がフェレットにしてあげられてないことがあれば、おもちゃを買い与え補うように心がけましょう。

運動不足、ストレスの解消

フェレットと遊ぶ際の注意点で記載しましたが、フェレットは飼い主や見ている人がいないときに放し飼いは危険が多く出来ないため、基本的に1日中ケージの中にいることになります。これは運動が大好きで活発的なフェレットにとっては非常にストレスの溜まる時間になってしまいます。

休日はボールやトンネルのようなフェレットがたくさん動けるようなおもちゃで一緒に遊んであげることがとても大切です。運動をすることにより、フェレットのストレスが解消されます。なかなか休日も予定があってフェレットと遊べない人は時間をフェレットのために確保し、新しいおもちゃを買い与えてあげるようにしましょう。

コミュニケーションを取れる

フェレットは人間と遊ぶのが大好きな性格をしていますが、飼い始めのころは他の動物同様なかなか心を開いてくれません。そんなときに猫じゃらしやボールを使って遊んであげましょう。また抱っこや撫でてあげることも大切なコミュニケーションの一環です。

まとめ

眠っているフェレット好奇心が強くやんちゃな一面を見せるフェレットですが、最初は警戒心が強かったり、遊んであげないとストレスを抱え込んでしまったり、繊細な一面もあるのも事実です。フェレットを飼っている人は今一度自分がフェレットと遊んであげられているか、フェレットがストレスを溜め込んでいないかチェックしてみてください。

もし「もう少し遊ばせてあげないといけないのかな」と思い当たる節があれば新しいおもちゃを買い、一緒に遊んであげてみてください。一層あなたとフェレットの心の距離が縮まるはずです。



ziaco

関連記事:おすすめはこれ!フェレットが喜ぶ餌の紹介