【徹底解説】愛犬と旅行する際の持ち物リスト

旅行先の犬

「愛犬と旅行したいけど、何を持っていけばわからない」という人や、「愛犬との旅行の持ち物を一式用意したけど、忘れ物がないか不安」という人は是非この記事をチェックしてみてください。

この記事では、愛犬との旅行の際に必ず持参するべきものや、持っていくと役に立つ便利なものを一挙紹介します。

必ず持参すべきもの

指をさす女性まずは、必ず持参すべきものを紹介します。普段愛犬との旅行をしないという人は、1つ1つ念入りに確認するようにしましょう。

証明書類

普段はあまり持ち歩かないことが多いですが、狂犬病予防注射証明書とワクチン接種証明書は必ず持ち歩くようにしてください。宿泊予定のホテルなどで提示を求められることがあります。ドッグランでは、特に必要なことが多いので、旅行中は常に携帯しておきましょう。

フード

フードは愛犬が食べ慣れているものを持参するようにしましょう。いつもと違う環境というだけで、犬は気を張ってしまいますので、安心感を与えることが大切です。心配であれば、フードボウルもいつも使用しているものを持っていくと尚良いです。また、春から夏にかけては保存がきくドライフードを持参するようにしましょう。

車の移動中や散歩中に飲料用として必要になるかもしれません。いつもより余分に持ち歩くようにしましょう。なお、粗相をしたときの洗い流し用としても持っておくと便利です。

リード

いつも歩いている散歩道以外のところでは、愛犬がどこに興味を示すかわかりません。旅行先の散歩では必ず使うようにしましょう。

首輪

旅行先で万が一ってこともあります。愛犬がいなくなってしまった場合に備えて首輪を忘れないようにしてください。迷子札をつけて、連絡先を記載しておくと一層安心です。

トイレグッズ

普段粗相をしない犬でも旅先の空気に慣れず、粗相をしてしまうことがあります。トイレグッズは絶対に忘れないようにしましょう。

トイレシート

ペット同伴が可能なホテルであれば完備してあることも多いですが、持ち歩くようにしてください。

マナーパンツ・マナーベルト

車の中や部屋の中ではマストで必要です。部屋を汚さないように細心の注意を払うようにしましょう。

ペット用ウェットティッシュ

散歩の後に犬の手足を拭いたり、犬が用を足した後にお尻を拭いたりと、持っておくと何かと便利です。

散歩セット

散歩をする予定であれば必須です。慣れない土地での緊張や、お腹を壊した場合に備えて多めに持っておきましょう。

移動用のケージ

Amazonベーシック ペットケージ 折りたたみ式 ダブルドア 91x58x64cm
Amazonベーシック(AmazonBasics)
移動の際に必ず必要になります。全身隠れるタイプのものでなければ入場を断られる施設もあるので、全身隠せる大きさのものを選びましょう。また、旅先でいきなりケージに入れると愛犬がびっくりするので、旅行前に何回か試し、慣れさせおくようにしてください。

持っておくと便利なもの

2匹の犬次に持っておくと便利なものを紹介します。いざという時にあると便利なものが多いので、一通り用意が終わっていても目を通すようにしてください。

消臭スプレー

粗相をしてしまった時のためにあると便利です。除菌効果のあるスプレーだと尚良いです。

ブラシ

チェックインする際や車に乗せるときに役立ちます。なお、旅行用のものではなく普段から使っているブラシを使ってあげましょう。

コロコロ

チェックアウトする際や車を掃除する際に役立ちます。また、飼い主の洋服などに抜け毛がついた際にも使えます。

洋服

床に抜け毛が落ちる予防になります。特に抜け毛の多い季節に旅行する時は持っておくと便利です。

歯ブラシ

1日の終わりに愛犬の口の中もケアしてあげたい人は、持参するようにしましょう。口臭対策にもなります。

虫よけスプレー

ドッグランなど外で遊ばせる予定がある場合には、予防として持っておくと便利です。特に虫の多い夏場は、心配であれば持っておくようにしましょう。

ステイマット

犬を旅行先の椅子や床に座らせる際にあると便利です。車内にも敷けるものだと尚役立ちます。

ケージまたはサークル

Amazonベーシック ペットケージ 折りたたみ式 ダブルドア 91x58x64cm
Amazonベーシック(AmazonBasics)
宿泊先に完備してあることもありますが、場合によっては、持参してかなければいけない場合もあります。事前に調べ、必要であれば用意するようにしましょう。

おもちゃ

旅行先で愛犬がストレスを発散できるように、お気に入りのおもちゃを持って行ってあげましょう。

愛犬の体調管理

ナース旅行先では愛犬の体調をいつも以上に気にかけるようにしましょう。車内や宿泊先の空調の温度の調整や、長時間車に乗る際の休憩などの、細かい気配りがとても重要です。

旅行先で愛犬の体調が悪くなってしまった場合、普段通っている動物病院には行けません。慣れない病院での診断は犬にとってストレスになってしまうため、まずは体調を崩させないことが大切です。

愛犬を預けて旅行をしたいとき

おとなしい犬「旅行に愛犬も連れて行きたいけど、いざ調べてみると注意点が多くて困っている」という人は、ペットホテルやペットシッターを頼ってみるのも1つの手です。

ただし、事前にペットホテルやペットシッターの事について詳しく調べ、愛犬に向いているサービスか、向いていないサービスかを確認するようにしましょう。

関連記事:ペットホテル・ペットシッターに預ける時のメリットとデメリットをまとめてみた

まとめ

散歩中の犬愛犬と旅行をする際は、いつも以上に持ち物や、気を遣う箇所が多く大変です。

しかし、普段と違う土地での日々は、愛犬にとっても飼い主にとっても、かけがえのない思い出となるはずです。

しっかりと用意を行い、楽しい旅をしてきてください。



ziaco