【病気が原因?】知らないと怖い犬の口臭について

舌を出す白い犬

愛犬の口臭が気になっていても、「人間と違い歯磨きが出来ないから」「元々こんな感じの臭いだった気がする」などの理由で、あまり気にかけないようにしてはいませんか?

犬の口臭がきつくなる原因は様々な理由が考えられますが、最悪の場合病気が原因の可能性があります。犬の口臭が心配な飼い主さんのために、犬の口の臭いの原因と対策方法についてまとめてみました。

犬の口臭の原因は?

犬の横顔まずは犬の口の臭いの原因について説明します。自分の愛犬がどのケースに当てはまるのかを考えましょう。

食べ物が原因のケース

普段犬に与えている餌によって、口臭がきつくなることがあります。特に脂質を多く含む餌には要注意です。ドッグフードに含まれている脂質は、空気に触れると酸化してしまい、食品の風味を損なったり、毒性を有したりと、徐々に食品の状態を悪化させていきます。この酸化した餌が口臭の原因の可能性があります。

酸化を防ぐために、ドライタイプのドッグフードは、すぐ無くなる小さめのサイズを購入するなど、保存方法には気を配るようにしましょう。

ウェットタイプのフードをメインの餌にしている人は、食後に歯を磨いてあげるなど、細かいケアをするようにしてください。ウェットフードは柔らかいが故に歯に残りやすく、歯垢のもとになりやすいため、口臭の原因になることがあります。

また、脂質を過剰に摂取することにより、腸内の悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪い状態になってしまうことがあります。これは消化不良の原因となり、犬が脱水症状を起こすきっかけとなる嘔吐や下痢といった症状のリスクが高まるので、注意が必要です。

食糞も歯に糞が残るため、口臭の原因になります。愛犬が食糞行動を起こすようであれば、しっかりとしつける必要があります。自分のしつけだけでは治らないようであれば、早めに病院に連れていきましょう。

内臓が原因のケース

口臭の原因は様々なものが存在します。腎臓や肝臓が原因の内臓疾患をはじめ、便秘や糖尿病などの病気からくるケースもあります。これらに該当する場合は、口臭が大体以下4パターンにわかれると言われています。愛犬が当てはまる項目があれば、念のため病院に連れていくことをおすすめします。

アンモニア臭

アンモニア臭がする場合は腎臓に原因がある可能性があります。腎臓は老廃物を尿に変える役割があるため、腎臓の働きが悪いと口臭がアンモニア臭くなります。口臭がきつくなるだけでなく、嘔吐や下痢を繰り返すようになったら、毒素が既に体に溜まっている可能性があるので、すぐに病院に連れていきましょう。

また、肝機能の低下も口臭に影響します。肝臓はアンモニアを尿素に変える役割がありますが、正常に機能しなくなることで、口からアンモニア臭がするようになります。

すっぱい臭い

胃や腸に異常がある場合、胃酸の過剰分泌や嘔吐などが原因で、口の中が独特のすっぱい臭いになることがあります。なお、すっぱい臭いがした場合には胃炎の可能性が高いと言われています。

甘い臭い

糖尿病の疑いがあります。糖尿病が悪化すると、血液中の有害な物質が増加してしまいます。また、免疫力の低下から歯周病も引き起こしやすくなるので要注意です。

便の臭い

腸閉塞や腸のねじれが原因となります。腸に問題がある場合、腸の内容物が正常に流れていかないため、便のような臭いが生じるだけではなく、便のような嘔吐物を吐くこともあります。これらは命に係わる病気を患っている場合が多いので早期に病院に連れて行ってください。

口腔が原因のケース

犬の口腔内が乾燥している可能性があります。犬も人間同様に唾液の分泌量が減り、口の中が乾いた場合細菌が増殖するため、口臭がきつくなります。

特に夏場の暑い時期には、体の熱を下げるために開口呼吸をするので、室温や飲み水があるかをこまめにチェックするようにしてください。開口呼吸が長期的に続くようであれば、鼻炎の疑いもあるので病院に連れていきましょう。

また、犬の口臭の原因で最も多いとされているのが歯周病です。3歳以上の犬の約8割が歯周病を患っていると言われており、歯垢が原因のものや、歯肉の炎症からくる臭いになります。人間も同様の症状になりますが、犬は人間と比較し歯垢や歯石がたまるスピードが速いため、定期的なケアが必要になります。

放置しておくと、口腔内疾患、皮下腫瘍、口腔内腫瘍をはじめとする様々な病気にかかってしまうので、細心の注意を払うようにしましょう。最悪の場合、歯を支える骨が溶けたり、歯石から体内に細菌が入り込み内臓の病気に直結したりすることも考えられます。

犬の口臭の対策方法

茶色い犬家庭で出来る愛犬の口臭対策を紹介します。まずは自分が愛犬にしてあげられるケアから始めてみましょう。

口臭ケア用液体ハミガキ

「犬をの歯磨きって難しそう」と思っている人におすすめの商品です。使い方は簡単で、ペットの飲み水に適量この商品を混ぜてあげるだけで口臭をケアしてくれます。また、歯石、歯垢の予防にもなります。無味、無臭、無着色と安心できる商品なので、ペットの歯を大切にしてあげたい人は購入してみてください。

歯磨きガム

噛むことでガムが効率よく歯垢を取ってくれる商品です。おやつとして与えることが出来るので、こちらも歯磨きが嫌いな犬におすすめです。犬が自ら歯垢を取るためにおやつを食べてくれるので、飼い主の負担も減らしてくれる商品です。

腸内環境改善サプリメント

犬・猫用の腸内環境を改善するサプリメントです。善玉菌を増やし、体内から調子を整えてくれるので、糞に異常があったり、食が細くなってきたりしている場合に試してみましょう。

歯磨きシート

歯磨きが出来る愛犬であれば定期的に歯を磨いてあげるようにしましょう。食べ物の残りカスなどを日頃からこまめに取ることが大切です。通常の歯ブラシを嫌がる犬でも、この商品であれば、試してみる価値ありです。

フードに混ぜるだけ?おすすめの商品

歯垢・虫歯・悪玉菌とあらゆる口臭の原因を掃除してくれる商品です。ラブリービー犬の口臭ケアは口腔と腸内の同時ケアが可能で、無香料のため臭いに敏感なペットでも、しっかり食べてくれます。悪玉菌の放置は歯肉や骨まで広がり、やがて腐敗集を放つので、その前にケア出来るように心がけましょう。

医師による歯石除去について

おとなしい犬人間同様、病院で歯石や歯垢を取り除いてもらうことも可能です。根本的な臭いの元を除去してくれるので効果は絶大ですが、病院選びは慎重に行うようにしましょう。

また、施術の際には基本的に麻酔をかけますが、犬の体への負担もあるので、老犬には向いていない方法です。価格は保険対象外なので10,000円~15,000円程度が相場です。

よほど歯石や歯垢が溜まっている場合には、この方法をおすすめしますが、日頃からこまめなケアを行い、病院に行く必要をなくすのがベストです。

まとめ

元気な犬いかがでしょうか?犬の口臭からは犬の健康状態をチェックすることが出来ます。自分が愛犬に定期的なケアを行ってあげられているかを見つめ直し、今後はより一層、愛犬の健康状態を気にかけてあげられるようにしましょう。



ziaco