犬の腎臓病は死に関わる?サプリを使った健康療法について

白い犬

犬と腎臓病の関係性をご存知ですか?実は腎臓病は犬の死因で3位に位置する恐ろしい病気です。「うちの犬は元気だから」「最近検診を受けさせたから」と思っている方も、飼い主である以上、犬の腎臓病についてしっかりと理解してきましょう。

この記事では犬の腎臓病に関する様々なことをまとめてみました。

犬の腎臓病について

お手犬の腎臓の大きな役割は血液をろ過し、不要な老廃物などを尿として体の外に追い出すことです。つまり腎臓に何らかの障害が発生した場合、老廃物が外に出せなくなることにより体内に毒素が溜まり、様々な病気や体調不良のリスクが発生し、最悪の場合死に至ります。

さらに腎臓の厄介なところは、傷を負った後に再生できないと臓器というところです。つまり、1度腎臓病にかかると完治は難しいので、日頃から常に腎臓病のリスクを減らせるよう、愛犬と接していく必要があるのです。

症状

散歩中のミニチュア慢性腎臓病は他の病気同様早期の発見・対処が非常に重要になります。理由として慢性腎臓病の犬は、腎臓に負担をかけない食事療法が必須となるためです。

では、具体的腎臓の悪い犬にはどういった症状が表れるのかを確認してみましょう。愛犬の腎臓が悪い場合以下の様な症状が見られます。

  • 水を飲む量が増えた
  • 尿の量が増えた
  • 尿のニオイがしなくなった
  • 餌を食べる量が減った
  • 以前より痩せた
  • 嘔吐を繰り返すようになった
  • 運動量が低下した
  • 口臭がきつくなった

少しでも上記の様な症状が確認できた場合、早急に動物病院に連れて行くようにしてください。また、普段から愛犬の行動に注視しておくことで早期の発見が可能になるので、日頃から愛犬の行動には気を配るようにしてあげてください。

腎不全の種類

茶色の犬腎臓が悪くなることにより引き起こされる腎不全には大きく分けて2つの種類があります。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

急性腎不全

急激に腎臓の機能が低下する病気です。腎臓がろ過し、尿に排出するはずだった老廃物が血液中に溜まり、尿があまり出ない乏尿や、尿が全くでない無尿を引き起こします。死亡率の高い恐ろしい病気です。

慢性腎不全

徐々に腎臓の機能が低下し、腎不全に至る病気です。急性腎不全と異なり状態が悪化していくには時間がかかりますが、確実に進行する病気です。食事療法が必須となります。

腎臓が悪い犬の食事療法について

抱かれている犬腎臓の悪い犬は食事療法を行わなければいけません。では、具体的に腎臓が悪くなった犬の食事療法はどのように行われるのかをこの章では解説していきます。

本来必要な栄養素を抑えての食事療法となるので、極力食事療法での生活とならないよう、健康的な生活を送らせてあげることが飼い主の務めです。

タンパク質

タンパク質は、糖質、脂質と並び3大栄養素と呼ばれています。タンパク質は血や肉を生成するのに必須の栄養素ですが、3大栄養素の中で唯一、老廃物となった後に汗や息で自然に体外に出ることのない栄養素です。そのタンパク質の老廃物を除去出来るのが腎臓なのです。

つまり体を作るうえで重要となるタンパク質を、腎臓の悪い犬は制限しなければならなくなってしまいます。

リン

リンは歯や骨を形成し、体のエネルギーとなる成分です。余分なリンも本来腎臓でろ過される仕組みになっていますが、腎機能が低下している犬は、余分なリンをろ過することが出来ず、過剰なリンが慢性腎臓病を促進させる原因になってしまいます。

タンパク質同様、腎臓病の犬は本来エネルギーとなるリンの摂取を控えなければいけません。

タンパク質も、リンも、体に良い栄養分ですが控えなければ、腎臓に負担がかかる体になってしまいます。こうなってしまっては普通の生活に戻してあげることは難しいため、日頃から腎臓のケアを心がけるようにしましょう。

犬の腎臓に効く!おすすめのサプリ

指をさす女性現在、ペット業界ではサプリを使った健康療法が当たり前になってきました。ペットに長生きしてもらうために、サプリを栄養補助食として定期的に食べさせる方法です。特に犬に適したサプリの開発は進んでおり、飼い主の様々な悩みを解消してくれるサプリが存在します。

特に腎臓には獣医師も推奨しているサプリ、ウラジロガシウラジロガシがおすすめです。ウラジロガシウラジロガシは犬の体内の毒素の排出を促進し、「抗菌」「殺菌」「抗貧血」「抗高血圧」効果も見込める腎不全・下部尿路結石サプリメントです。

腎臓に効果的なのはもちろんですが、膀胱にも良い効果が期待できるのがウラジロガシウラジロガシ流行している理由の1つです。

犬の体に悪いとされる保存料や科学調味料、着色料などは一切使われておらず、チキン味の錠剤を1日2粒食べさせてあげることにより、日頃から健康的に腎臓病のリスクを減らすことが出来ます。

先述したように腎臓は1度傷負ったら、2度と再生しない臓器なので、「愛犬が病気にかかってから後悔した」は遅すぎます。有事の際には、病気に犯されるケースや死亡してしまうケースが大半を占めるでしょう。そのため、日々愛犬の腎臓のケアを心がけることが大切です。

犬を腎臓病にさせないために

ナースサプリ以外でも、普段の食事から犬の腎臓病の予防をすることは可能です。

健康的に育てるためには、高塩分のドッグフードを始め、ジャーキーなどのおやつも控えめに与えるようにしましょう。この食生活は腎臓への負担をやわらげるだけではなく、将来普通のフードから味の薄いシニアフードに移行するときにも役に立ちます。

その他にも新鮮な水はいつでも飲める環境を整えてあげることで、腎臓のケアに繋がります。定期的な健康診断を受けさせてあげ、常に愛犬の健康状態に気を配ることも忘れないでください。

まとめ

白い犬と飼い主犬の腎臓病は人間が思っているよりはるかに恐ろしい病気です。健康的な生活を送らせてあげるために、バランスの取れた食生活や、腎臓に効くサプリを定期的に与えることを心がけてください。

あなたの気遣いで、あなたの愛犬が長生きできるよう祈っております。