必要なものを一挙紹介!失敗しない子犬のトイレのしつけ方まとめ

白い犬

「犬を飼いたいけどしつけがちゃんと出来るか心配」「ペットの犬がなかなかトイレを覚えてくれない」こんなお悩みありませんか?犬を飼う上でトイレのしつけは欠かせません。子犬のうちに覚えさせておくのがベストです。

失敗例も多々ある中、一体どうすれば効率的に子犬にトイレをしつけられるのかをまとめてみました。

子犬にトイレをしつける前に

ダックスフント犬は本来とても綺麗好きな生き物です。そのため、基本的に排泄行為は自分が決めた生活空間以外の場所全てを対象に行います。子犬にトイレをしつけるということは、飼い主が掃除を楽にするためという人間側の都合に過ぎません。なかなかトイレを覚えてくれないということがあっても気長に付き合ってあげることを忘れないでください。

また、犬は学習能力も高く、賢い動物です。人間もトイレが排泄を行う場所と認識すれば、トイレで排泄行為を行うように、犬も1度覚えさせれば基本的には指定の場所でトイレをするようになります。

早いうちからトイレをしつけるということは、人間も掃除が楽になり、犬も清潔な環境を保てるというように、双方にメリットがあるのです。

いつから子犬にトイレのしつけを始めるのがベスト?

寝ている子犬原則、家に犬を迎え入れた当日からトイレのしつけを行いましょう。子犬の時期は1日に何回もトイレをするので、しつけがしやすくなります。また、子犬の時期は、一番あらゆることを吸収し物事に対応していく能力が高い時期のため、しつけに適した時期ともいえます。

まず、トイレをどこにでもするという習慣が、子犬に付く前にトイレのしつけを始めましょう。また、子犬のうちはトイレの失敗はつきものですが、失敗しても怒らないようにしてください。犬が「トイレが悪いこと」と認識してしまえば、飼い主の目の届かない場所で排泄行為をするのが癖になります。失敗したから怒るのではなく、成功したから褒めてあげるということを心がけましょう。

子犬のトイレトレーニングに必要なもの

茶色い二匹の犬次にトイレのしつけに必要なものを紹介します。何故必要なのかも一緒に説明しますので、参考にしてください。

ケージ・サークル

ケージ・サークルの用途はトイレと犬の生活空間を隔てるために必要です。

サークル

サークルは様々な形状のものが存在しますが、用途は室内に存在する犬の家と考えてください。柵を組み合わせた商品や、床がついていて固定された商品が存在します。プラスチック製や木製のものは子犬が噛んでしまう可能性が高いため、子犬の場合は噛んでも大丈夫なステンレス製がおすすめです。

ケージ

ケージはサークルに天井がついたようなものです。自分とペットに合っているものを選びましょう。

まず、普段はケージ、もしくはサークル内に犬をいさせるようにしてください。次第にトイレがしたくなってくると床の臭いを嗅いだり、せわしない動きをしたりするようになります。その際に、トイレに連れてってあげ、用を足させることを繰り返します。これを反復させることにより、トイレを覚えさせるのです。

もし、トイレで排泄をしない場合でも、怒らずに辛抱強くしつけてあげましょう。

逆に、トイレで排泄をしたときはいっぱい褒めてあげてください。

トイレシーツ

室内飼いであれば、必須の犬のトイレ用シーツです。今、洗えるトイレシーツがあるのをご存知ですか?使い捨てのトイレシーツは買う手間が面倒だったり継続的に購入し続けなければいけなかったりするため、大変ですが、 こちらのトイレシーツペットシーツは洗うことが可能で、何回も使うことができます。

特にトイレのしつけからこちらのシーツを使うことにより、犬がここをトイレだと認識してくれる可能性が高くなるので、早いうちから使うことをおすすめします。

トイレトレー

シーツ単体では犬が足や口でずらしてしまうことがあるので、トレーも一緒に購入しておくと便利です。実際にシーツがずれるため、なかなかトイレをしにくいという犬も多いので、あるととても便利な品です。

おやつ

きちんと指定の場所でトイレが出来たらおやつをあげましょう。褒めてあげるのももちろんですが、最初のうちは上手にトイレが出来たらご褒美をあげ、「決められた場所でトイレをすると良いことがある」と犬に思わせましょう。

トイレを設置する場所

黒い子犬先述した通り大前提として、犬の生活空間とトイレは切り離しましょう。生活空間そのものが不衛生だったり、生活空間とトイレの場所があまりに近かったりすると、なかなかトイレを覚えてくれない場合があります。

また、犬は他の犬や、他の動物の排泄物の臭いがついていると、その場所でトイレするようになる習性があるため、既に他のペットがいる場合は注意するようにしてください。

犬も人間同様に落ち着ける場所をトイレに選ぶ傾向があります。キッチンやリビング、子供部屋の周り等騒々しい場所は避け、落ち着いた環境にトイレを作ってあげるのが効率的です。

成犬のトイレのしつけについて

柴犬成犬の場合、トイレをしつけるまでに子犬の倍の時間を要すると言われています。成犬には既に確立された習慣があるためです。基本的に子犬と指導の方法は変わりませんが、トイレのタイミングやどういった場所でトイレをするのか等の習慣を、子犬以上に飼い主が見極めなければいけません。

時間を要しますが、成犬でもトイレをしつけることは不可能ではないので、安心してください。

まとめ

マグカップに入っている子犬子犬にトイレをしつけるためには、以下を心がけてください。

  • 生活空間とトイレを分離する
  • 普段の生活空間を清潔に保つ
  • 基本的に犬から目を離さないようにする
  • 設置する場所は静かな場所で
  • 失敗しても怒らない
  • 成功した時には褒める
  • 成功した時にはおやつをあげる
  • 何度も反復練習をさせる
  • 辛抱強く犬に付き合う

トイレのしつけは、家に犬を招いてから、どれだけ早く覚えさせられるかが鍵になります。

学習能力が高く、生活習慣が決まっていない子犬のうちに、トイレのお手伝いをしてあげるようにしましょう。真摯に向き合ってあげることで、飼い主の思いはきっと伝わるはずです。



ziaco