やけどに注意!適切なインコのヒーターの選び方

歩いているセキセイインコ

ヒーターでインコがやけどしてしまうトラブルが非常に多いのをご存知ですか?ペットのインコにとって適切なヒーターを選んであげないと、あなたのインコもやけどのトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

「今使っているヒーターで大丈夫かな?」「どんなヒーターを選べば良いのだろう」そんなお悩みがある方のために、この記事ではインコにとってヒーターがどういったものか、やけどのリスクはどのように回避できるか、インコにおすすめのヒーターなどを徹底的にまとめ、解説していきます。

インコにとってのヒーター

木の上に止まっているインコインコは丈夫で飼いやすいペットですが、適切な環境で育ててあげないと他の動物同様病気を引き起こします。

特に室温管理はインコを飼う上でとても重要です。インコは人間と同じように風邪を引くため、風邪を引くと、くしゃみや咳をするようになります。ひどいケースだと肺炎などの合併症を引き起こし、命に係わるケースも出てくる程です。

寒さに弱いインコを守るために、ヒーターはインコを飼う上で欠かせないアイテムとなるのです。

ヒーターによるやけどのリスク

指をさす女性先述した通りインコは寒さに弱い動物です。そのため温かいと感じたところに居続ける習性があります。近年のインコ用のヒーターは、やけどのリスクを下げるように配慮されていますが、人間が温かいと感じないヒーターでもインコは温かい場所に居続けることにより「低温やけど」を引き起こしてしまうことが多々あります。

特にヒーターの下に潜ることにより、頭部にやけどを起こしたり、ヒーターの上に乗り続け足の裏をやけどしてしまったりというケースは後を絶ちません。飼い主の気付かないところで発赤や水疱などの症状を引き起こしていていることがあります。

ヒーターの種類や、設置する場所について理解を深め、やけどのリスクを極力減らしてあげるのが飼い主の役目です。

インコの適温

3匹のインコインコにとっての適温は下記となります。年齢や体調に応じてインコに適した飼育環境を整えてあげてください。

  • 1歳未満:28℃前後
  • 2歳以上:25℃~28℃
  • 体調不良や病気のインコ:30℃前後

おすすめのヒーター

手乗りインコ次に通販などでお手軽に購入できるおすすめのヒーターを紹介します。合わせておすすめする理由も解説していきます。

保温電球タイプ

電球タイプのヒーターの特徴はケージ全体を温められるところです。そのため、比較的広いケージでインコを飼育している人や、インコを複数匹飼っている人におすすめです。最近販売されている電球タイプのヒーターには、インコが直接触れないようカバーがしてありますが、素材によっては長時間ヒーターを使用しているとカバー部分が熱くなってくるので、原則ケージの外にヒーターを設置するようにしましょう。

created by Rinker
ミニマルランド
¥2,383 (2019/08/22 05:32:23時点 Amazon調べ-詳細)
値段
(3.5)
口コミ
(4.0)
利便性
(5.0)
総合評価
(4.0)
20Wではなく、40Wのパワーを持った電球です。20Wではパワーが足りず、40Wの電球に買い替える人も少なくはありません。

パワーだけではなく安全面も考慮されており、電球は特殊なコーティングで割れにくくなっているのに加え、コードにはペットが誤ってかじったり、つついたりしてしまったときのために保護コイルが取り付けられています。また、簡単なフックが商品についており、取り付けも簡易的に行えます。

amazon内での評価も高く、星5のうち4とインコの愛好家に好まれている商品です。

パネルタイプ

パネルタイプのヒーターの特徴ですが、このタイプのヒーターは一定の範囲を温められるため、寒いと感じた時にインコ自らヒーターに近づくことができるところです。現在は中に設置するパネルヒーターや外に設置するパネルヒーター、床に敷くパネルヒーターなど様々な商品が販売されています。

created by Rinker
SANKO
¥4,835 (2019/08/22 05:32:24時点 Amazon調べ-詳細)
値段
(3.5)
口コミ
(4.5)
利便性
(5.0)
総合評価
(4.0)
パネルタイプのヒーターですが、外付け式となっているので安心できる商品です。何より嬉しいのは設定温度切り替えスイッチと作動ランプが付いているので、使い勝手も良く、インコだけでなく飼い主にとっても安心できる商品となっています。本体の厚さも約25.5mmでスマートなタイプの商品となっているので、ケージに取り付けても圧迫感がないのが特徴です。

先程紹介した商品同様amazon内での評価も高く、星5のうち4,5と抜群の評価を誇ります。

止まり木タイプ

止まり木タイプのヒーターはインコにとって親しみがある形をしているのが特徴です。ただしこのタイプのヒーターだけでは真冬を乗り切るのは難しいので、パネルタイプのヒーターと併用して使うなど、工夫した使い方をしてあげる必要があります。インコにとってはケージの中も充実し、暖かさも増す嬉しい商品なので検討してみてください。

created by Rinker
マルカン
¥1,500 (2019/08/22 05:32:24時点 Amazon調べ-詳細)
値段
(4.0)
口コミ
(4.0)
利便性
(4.0)
総合評価
(4.0)
インコは羽毛に覆われている動物であるため、通常羽毛に覆われていない足から体温を奪われていきます。この商品はそんな悩みを解決してくれる、インコの体を足から温めてくれる商品です。

インコの中には、稀に電球型のヒーターに怯えてしまう個体がいますが、この商品は止まり木の形をしているためインコが警戒しにくいのが特徴です。そぅいった理由から臆病なインコに適したヒーターでもあります。

こちらの商品もamazon内での評価が高く、星5のうち4と人気の商品です。

ヒーターと合わせて使える便利なグッズ

人差し指を指す女性続いてはヒーターと合わせて使える便利なグッズを紹介します。

温度計

created by Rinker
dretec
¥842 (2019/08/22 05:32:25時点 Amazon調べ-詳細)
温度計は室温管理をする上で必需品です。この商品はセンサーコードを使用して、対象の温度を計ることが出来るので、ケージ内の温度を管理するのに最適と言えるでしょう。

amazon内の評価も星5のうち4と様々な用途で使用されています。ヒーターを購入する場合は是非検討してみてください。

アクリルケージケース

寒い環境に自宅があり、なかなかケージ内の温度を保つのが難しい方はこちらの商品がおすすめです。保温、衛生面で非常に役立つケージ用のアクリルケースとなっています。ヒーターで温めた空気を逃がさない効果はもちろんのこと、アクリル素材で出来ているため、視認性を損なう影響もありません。

組み立て・解体もすぐに行えるためおすすめの商品です。

まとめ

2匹のインコインコは手間もかからず丈夫なペットとして親しまれていますが、徹底した温度管理を飼い主が行わなければなりません。

ペットのインコに長生きしてもらえるよう、改めて今の環境を見つめ直してみてください。

関連記事:飼い始めの人必見!セキセイインコの餌について